ミリタリーグッズ.com

エアガン 電動ガンの通販ならミリタリーグッズ.com

買取させていただきました エアガン ガスガン 電動ガンを通販します!
新品 中古多数取り扱い中!ごゆっくりご覧ください

エアガン 電動ガン 買取営業時間
エアガン買取はこちら

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
商品コード: WEAK74UN105454w20180912-145-2

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

販売価格(税込):
 32,850円
ポイント: 328 Pt
定価: 51,840 円
在庫:
(訳あり)残りあと1
状態  個数 カゴに入れる

商品詳細画像1

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

商品詳細画像2

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

商品詳細画像3

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像4

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像5

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像6

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像7

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像8

[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像9

マガジンの割れ部分。ひび割れではなく、この割れの部分でプラ外装が完全に破断しています。
[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)

製品詳細画像10

付属品詳細。
[WE] AK74UN GBB オープンボルト (訳あり)


本体には全く問題ありませんが、マガジン上部前方の引っ掛ける部分のパーツが割れているため訳ありとしております。

この割れによりマガジン脱着が行いにくくなっています。また、割れによりフォロアーを空撃ちモードで固定するための内部パーツが外れやすくなっています。

このような状態ですが、マガジンを装填すれば動作は問題なく可能です。



各部スチール製で、WEらしいとてもリアルな外観。フルストロークブローバックでしっかりとした衝撃が伝わる。リアルなスチールプレスボディながらコンパクトなAK74UN"クリンコフ"モデル。

・フルストロークブローバック
・レシーバは実物通り、プレスで作成
・ボルトは実物と同じく、閉鎖状態で止まります。
・通常分解は実物通りの方法を再現。
・実物と同じく、確かな作動性。
・可変ホップシステムを搭載。

<実銃はこんな銃>
1960年代頃から、西側の主力歩兵銃が
フルサイズの7.62mmから高速小口径の5.56mmに切り替わった事により、
それに対抗するためソビエトもAK47やAKMのフルサイズ短小弾から
高速小口径弾へと切り替える事にした。
そこで開発されたのが、
鋼鉄と鉛を組み合わせて命中時に弾の変形を起こりやすくし5.45mm×39弾であり、
その弾を使用するAK74である。
高速弾でありながらストッピングパワーは大きく、
有効射程は最大1,000mに達するとの話もある。
AK74の基本構造はベースとなったAKMとほぼ同一だが、
高速弾を発射するゆえに発射炎が従来より大きくなるため、
これを抑えるために大型のフラッシュハイダーが取り付けられているのが特徴。
また、基地内でAKM等と混同しないようストックに窪みがつけられている。
なお、空挺部隊用のフォールディング(折り畳み)ストックモデル"AKS74"と呼ばれ、
本体下に折畳んでいた旧モデルと異なり、ストックは左側に折り畳む設計となっている。
他にも、光学機器用マウントを備えたAK74N、
カービンモデルのAKS74Uなどのバリエーションがある。

AK74は1974年にソビエトの主力火器として採用され、ソビエト崩壊後の現在も、
ロシアを始めとする共産主義国や周辺各国で第一線火器として使用されている。
一方、西側陣営も5.45mm×39弾を参考にFN社が似た性質を持つSS109を開発し、
後の西側陣営の主力弾となった。

1990年にはAK74を再設計したAK74Mが登場し、
ソ連崩壊後は、民営化されたイズマッシュ社が製造を引き継いでいる。
AK74Mは木製部品が黒色のプラスチック製に変更されたほか、
フォールディングストックが標準装備となった。
(このため、以前はあったAK』と『AKS』の区別はなくなっている)

2000年代には、このAK74をベースに、
新たに西側の5.56mmNATO弾などに対応したAK100シリーズが同社によって開発、
製造されていたが、イズマッシュ社が経営破綻し、
「コンツェルン・カラシニコフ」となって以降は、
AK74は固定ストックモデル、AK74Mはフォールディングストックモデルの名称となり、
いずれもソリッドなプラスチックストックを備えている。  

ロシア軍は1990年代に新たにAN94を制式ライフルに選定したが、
予算不足もあってか2000年代に至っても配備は進まず、実質キャンセル状態となっている。
内外ともに、AK74シリーズが第一線を退く日はまだまだ遠いようだ。

<店長のコメント>
フロンガスでセミフルともに快調動作します! ただし寒い時期はフルオートの作動など遅くなる時がありますが金属パーツ満載なので仕方ないのです。

<エアガンスペック>
全長500-735ミリ
重量約3000グラム
装弾数30発
初速-
システムセミ/フルオート
定価¥51,840

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL