ミリタリーグッズ.com

エアガン 電動ガンの通販ならミリタリーグッズ.com

買取させていただきました エアガン ガスガン 電動ガンを通販します!
新品 中古多数取り扱い中!ごゆっくりご覧ください

エアガン 電動ガン 買取営業時間
エアガン買取はこちら

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
商品コード: 4920136121041-283-278

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

販売価格(税込):
 31,750円
ポイント: 317 Pt
在庫:
(未発火)残りあと1
状態  個数 カゴに入れる

商品詳細画像1

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像2

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像3

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像4

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像5

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像6

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像7

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)

製品詳細画像8

[マルシン] COLT XM177E2 パーカライジング 完成品 (未発火)


アメリカ陸軍で特殊部隊向けに限定配備されていたXM177E2のモデルアップ。完成品。

レシーバー等は金属製で、ミリタリーな風味をより引き立てるパーカライジング仕上げ。PFCカート発火式。


<エアガンインプレッション>
ずしりと重く、無骨な冷たさが肌に心地良い。


<実銃はこんな銃>
XM177E1/E2は、ベトナム戦争中、アメリカ陸軍が特殊部隊向けに限定配備した突撃銃である。当時、アメリカ軍SOG(Special Operations Group)などの特殊部隊は、任務の性格上、M16の様な全長の長い銃では取り回しが悪いため、より小型のライフルを要望した。そこでコルト社が用意したのが、M16をベースに全長を切り詰めた「M607 CAR-15 Submachine Gun (SMG)」と呼ばれるモデルである。M607は「GX5857(Gun Experimental 5857)」の名称を与えられ、米軍特殊部隊によってテストされた。しかし、銃身長を半分にまで切り詰めたこのモデルは、激し過ぎる発砲音やマズルフラッシュなど、必要とされる特殊作戦にはむしろ極めて不向きという欠点を有していた。そこでコルト社は、長く大型のフラッシュハイダーを装備させることでこの問題の解決を図った。このモデルは「M609 CAR-15 Commando」と呼ばれ、現在のものに近い伸縮式ストックと、リブつきの円形ハンドガードを有していた。スタイル面でいえばM16系ショートモデルのスタンダードを築いたモデルであろう。1966年、アメリカ陸軍はこのモデルにテストナンバーの“X”ナンバーを与えて試験採用した。これが「XM177E1」である。XM177の仮名称は、戦後も名前が定着したのか、改良版のE2登場後もそのまま公称となった。 一方、アメリカ空軍では本銃を、エアクルーの護身用サバイバルガンとして「GAU-5A」の名で制式採用している。後に、戦場で得たデータをもとに、銃身の延長やコルト製XM148グレネードランチャーを取り付け可能とするなどの改良が加えられた「XM177E2」が登場し、四半世紀後の湾岸戦争でも特殊部隊の隊員達が使用している(その後はM727やM4に更新されている)。余談だが、「CAR-15(カー・フィフティーン)」の名称は、「Colt Automatic Rifle-15」の略称であり、コルト社が自社製AR15ファミリーを、アーマライトの元祖AR15との差別化を図るために名付けたものである。しかし、どういうわけか(今ではM4登場以前の)M16系カービンの総称として使われている。


<モデルガンスペック>

全長850~770mm
重量2300g
装弾数20
材質アルミニウム合金・亜鉛合金
システム発火式/7mmPFCキャップ火薬
定価¥ -

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL