ミリタリーグッズ.com

エアガン 電動ガンの通販ならミリタリーグッズ.com

買取させていただきました エアガン ガスガン 電動ガンを通販します!
新品 中古多数取り扱い中!ごゆっくりご覧ください

エアガン 電動ガン 買取営業時間
エアガン買取はこちら

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
商品コード: 4952839176028c20181211-6-3

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

販売価格(税込):
 35,800円
ポイント: 358 Pt
定価: 53,784 円
在庫:
(中古)残りあと1
状態  個数 カゴに入れる

製品詳細画像1

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像2

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像3

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像4

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像5

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像6

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像7

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像8

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)

製品詳細画像9

[東京マルイ] AKS74U 次世代電動ガン 木製ハンドガードカスタム (中古)


リアルウッドハンドガードに換装されたカスタム品です。
ガタつきや隙間はなくぴったり取り付けられています。
ノーマルハンドガード時と同じ方法でバッテリー脱着ができます。


極限までバレルをカットダウンした、AKシリーズ最小モデル

金属製のフレームとパーツがかもしだす重厚感の中にも、木製のハンドガード、樹脂製のマガジンというぬくもりのあるアクセントが1970年代当時のソビエト/ロシアらしいデザインといえるAKS74Uを、次世代電動ガンとしてラインナップ。各部にダイカスト素材を使用し、ホンモノがもつ雰囲気を演出することはもちろん、発射時のリアルな反動と排莢のためのボルト作動を再現。外観、ギミックともに実物AKS74Uにせまる再現性となっています。


<エアガンインプレッション>
上部カバーをあけ、ミニバッテリーを装着。フルオートで撃つとボルトが小刻みにブローバックしその衝撃が肩越しに伝わってくる。今までの電動ガンにはない楽しみがこの銃では得られる。マズルやバレル、サイト、ボルトなど多数の金属パーツを使い、リアリティも十分だ。


<実銃はこんな銃>
『AKS74U』は、いわば『AKS74』のショートバレルモデルにあたり、1975年から製造を開始、1979年から支給が開始された。サイズ、重量、そして射程において“サブマシンガン”としてセッティングされたこのモデルは、有効射程距離は500mと非常に限られたものだったが、コンパクトで軽量な上、アサルトライフルのパワフルな弾薬・マガジンをそのまま使用する事が可能で、閉所や近〜中距離戦において、また移動力を求められる部隊等において、大きな効果を発揮する。『AKS74U』の全長は739mm、ストックを折畳めば500mmを下回る。このコンパクトなサイズの実現には、バレルのカットダウンが必要不可欠であった。結果『AK74』の約半分、210mmという銃身長に落ち着くまでに、歴代AKシリーズには珍しい事に、ガスオペレーティングに関わる内部システムにまで大きく手が加えられた。ガスチャンバーを後方へ移し、ガスピストンは実質カットダウン、更にフラッシュハイダーがガス拡散機能を担う。この『AKS74U』専用にデザインされたフラッシュハイダーは非常に優秀で、ガス拡散機能が体感するリコイルショックを減らし、発射時のマズルフラッシュを抑える他、発射音を低減させる効果、更には精度の向上をも可能としている。


<店長のコメント>
ガスブローバックのような反動が電動で味わえるとは驚きですね。


<エアガンスペック>
全長499/739mm
重量2630g
装弾数74
初速N/A
システムセミ・フルオート
定価¥52290
※バッテリーと充電器は別売です。




★マック堺氏のレビューを是非、ご覧ください★

★マック堺とは★
2004年、実銃の世界大会「スティールチャレンジ」に日本人初の優勝。
長年エアガンを楽しみ十数年にわたり海外でも実銃射撃大会に出場し、スティールチャレンジという競技に長年取り組む。 現在は、エアガン競技や、安全なエアガンの取扱いを知ってもらうことで、 楽しませてもらったエアガン競技に何かお返ししたいと活動されている。

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL