ミリタリーグッズ.com

エアガン 電動ガンの通販ならミリタリーグッズ.com

買取させていただきました エアガン ガスガン 電動ガンを通販します!
新品 中古多数取り扱い中!ごゆっくりご覧ください

エアガン 電動ガン 買取営業時間
エアガン買取はこちら

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
商品コード: ARESVZ58Lc20190220-6-10

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

販売価格(税込):
 30,750円
SALE!! 23,750円
2019/05/10更新
ポイント: 237 Pt
在庫:
(中古)残りあと1
状態  個数 カゴに入れる

製品詳細画像1

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像2

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像3

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像4

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像5

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像6

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)

製品詳細画像7

[ARES] Vz58-L アサルトライフル AIRSOFT97オーバーホール&パッキン交換品 (中古)


エアソフト97でオーバーホール、パッキン交換済みの商品。
0.20gBB弾・7.4Vリポ使用時の初速92m/sでした。

ただしマガジンの固定が僅かに甘く、マガジンを装着しても下から手で押さえていないと給弾しないという症状があります。このあたりは調整推奨。
マガジンが外れてしまうような固定不具合ではありません。



もとは木製固定ストックであるVz58を、サイドフォールディングストック、樹脂ハンドガード仕様にしたモデル。

ハンドガード、グリップの樹脂部分以外は金属製となっており、質感高い。
ARES製電動ガンではお馴染みの電子制御システム{EFCS}を搭載しており、爽快なトリガーのキレが味わえる。


<実銃はこんな銃>
Vz 58又はSa vz.58(Samopal vzor 58・1958年型短機関銃)は、チェコスロバキアのチェスカー・ズブロヨフカ国営会社(チェコ兵器廠国営会社、チェコ語 : esk zbrojovka, n.p.:Z、1992年民営化)で開発されたアサルトライフルである。

テーパーのかかった薬莢に対応する大きく湾曲した弾倉、上下二分割されたハンドガード、レシーバーデッキに銃床の根元が接しないなど、外見はAK-47に類似しているが、7.62x39mm弾を使用する以外に共通点はなく、ほとんど独自設計となっている。

日本赤軍によるテルアビブ空港乱射事件で用いられた自動小銃としても知られている。

チェコスロバキアは自動小銃の開発先進国で、1920年代末にZH-29を完成、1930年代末からZK38、ZK381等を試作したが1938年からナチスドイツによる併合を受けた為に量産化には至らなかった。

1942年から試作されていたZK420は戦後7.92〜6.5mmと様々な口径の制式弾仕様が作られ、1946年にはイギリス、デンマーク、エチオピア、エジプト、スウェーデン、イスラエル、スイス等で次期主力小銃候補としてテストされた。しかし、1948年の共産党無血クーデターにより、チェコスロバキア共和国に人民民主主義体制を掲げる共産党一党独裁政権が成立し東側入りした為、どの国もこのライフルを採用しなかった。

1952年には、ZK420とは異なるコンセプトのvz. 52小銃を開発、チェコスロバキア軍が制式採用した。Vz 52は独自の7.62mm×45弱装弾を使用(この弾薬を使用するVz 52軽機関銃もある)するセミオートマチックカービンで、性能はソビエト連邦のSKSカービンに近い物であった。チェコスロバキアは比較的自由に兵器を設計していたが、この頃になるとワルシャワ条約機構加盟国の兵器、弾薬の統一を進めるソ連の圧力が高まり、1957年にはVz 52が7.62mm×39仕様に改修されVz 52/57が開発される。

さらに他の加盟国と同様、ソ連のAK-47採用を迫られたチェコスロバキアだが、独自のアサルトライフル開発は続けられ、1958年には外見こそAK-47によく似ているが、より軽量で命中精度も高いVz 58を独自設計で完成させ、軍が制式採用した。

その後、NATO加盟などに合わせてチェスカー・ズブロヨフカ社が、旧ソ連のAK-74に強く影響を受けたCZ2000を開発したが両軍は採用しなかった。東欧自由化後、チェコスロバキアがチェコとスロバキアに分離したあともVz.58は両軍で使われている。2007年からアフターマーケットで出回っているカスタムパーツを装備することで現代の歩兵システムに対応しているが、採用から50年あまり経ち、老朽化が進む中、スロバキア軍はVz 58を使用し続けているが、チェコ軍では5.56mm NATO弾を使用するCz805への置き換えが進んでいる。


<店長のコメント>
少しマニアックなモデルですがゲームとかではちらほら見かけますね!刻印なども再現されていてイイ感じです!


<エアガンスペック>
全長650-800mm
重量約3000g
装弾数160
初速N/A
システムセミ・フルオート
定価オープン
バッテリーはレシーバートップカバー内収納。※初めての方は動作させるためにバッテリーと充電器が必要です。スペースが狭いため小型リポ推奨。

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL