ミリタリーグッズ.com

エアガン 電動ガンの通販ならミリタリーグッズ.com

買取させていただきました エアガン ガスガン 電動ガンを通販します!
新品 中古多数取り扱い中!ごゆっくりご覧ください

エアガン 電動ガン 買取営業時間
エアガン買取はこちら

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

ログイン

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)
写真は参考画像です。付属品などは状態の欄をご確認ください。
商品コード: 4952839142948cmg-6-3

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

販売価格(税込):
 47,980円
SALE!! 42,980円
2021/01/15更新
ポイント: 429 Pt
在庫:
なし
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

製品参考画像1

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

製品参考画像2

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

製品参考画像3

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

製品参考画像4

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)

製品参考画像5

[東京マルイ] 89式小銃 折曲銃床型 リアルガスブローバック 35連マガジン変更 (中古)


マガジンがデフォルトのショートマガジンから35連スペアマガジンに変更されている。

これ以外は通常の商品と同じで、付属品も揃っており、動作も良好。



以下は、カスタム前の商品の説明。

陸上自衛隊 第1空挺団が採用する、折曲銃床型の89式小銃!
アンビタイプの「左方切換レバー」を標準装備したフォールディングストックモデルがいよいよ登場!!!

純国産のアサルトライフル「89式5.56mm小銃〈折曲銃床型〉」が、ガスブローバックで登場
東京マルイのガスブローバックでは初となる「3バーストメカ」を搭載し、現行型の刻印や左面セレクターレバーを採用。本物と同様に金属製と樹脂製のパーツを使い分け、手にした際の重量感や、質感の違いも楽しめます。

また、メンテナンス時や可変ホップアップシステムを調整する際には、本物に近い手順での通常分解が可能となっているほか、普段は外装パーツに覆われている内部機構の形状も再現性を追求。究極の89式を目指した、こだわりのモデルとなっています。


《主な特徴》
強烈なブローバックを実現
発射に連動してボルトが作動し、かつてないほど強烈なリコイルショックが楽しめます。 高い耐久性を実現
ホールドオープンによるボルトストップボタンの磨耗・破損を防ぐため、専用の「Z-システム 89式ver.」を搭載。Z-システムをボルトに組み込んだことで、内部形状の再現性もアップしています。
リアルな可動ギミック
コッキングハンドル操作による初弾の装填や、ボルトオープンとマガジンチェンジ後のボルトキャッチ操作、開閉可能なダストカバーとグリップ底部、アウターバレルに装着したバイポッドの展開など、本物同様の機能を忠実に再現しています。また、本物に近い形でテイクダウン(メンテナンスのための通常分解)が行なえます。
金属と樹脂を組み合わせたハンドガード
可変ホップアップシステム調整時に取り外し可能なハンドガードは、本物同様にスチールプレスと樹脂の組み合わせを再現。また、ハンドガードで覆われるガスシリンダーとアウターバレルの形状も再現性をアップしています。
ダイカスト製バイポッド付属
レバー操作でバレルに簡単に装着できるバイポッドは、本物同様に折りたたみが可能です。 調整可能なフロント/リアサイト:付属のアジャストツールでフロントサイトの上下を調整可能。またリアサイトは上下と左右をそれぞれダイヤル操作で細かく調整することができます。
各種マズルオプションに対応
銃口のフラッシュハイダーは、バレルナットで固定するダブルナット方式。フラッシュハイダーを取り外せば、サイレンサーなど14mm逆ネジ仕様のマズルオプションを取り付けることができます。
新規20連型ショートマガジン(20発)は、アルミダイキャスト製。残弾口も再現。M4シリーズマガジンとの互換性あり。

<実銃はこんな銃>
2007年1月、陸・海・空の3部隊を束ねる「防衛庁」が「防衛省」に昇格した。そして同年4月、現代に起こり得る不正規戦に備える為の部隊として、かねてより自衛隊内で準備が進められてきた「中央即応集団」が新設された。その中核となるのは精強部隊として知られる「第一空挺団」であり、東部方面隊直轄から中央即応集団隷下の部隊へと編成された。「第一空挺団」は、陸上自衛隊の中で唯一の空挺部隊であり、過酷な訓練を行う彼らこそ、即戦力として最も理想的な人員であろう。また、2004年3月に習志野駐屯地内にて創設された自衛隊初の特殊部隊「特殊作戦群」も中央即応集団に組み込まれた。そしてPKO活動や国際救援活動を行う為の部隊ではないかと噂される「中央即応連隊」の新設。さらに化学兵器等への対処・防護を目的とした「中央特殊武器防護隊」も「中央即応集団」に組み込まれている。司令部は現在、朝霞駐屯地内に置かれているが、将来的には神奈川県座間駐屯地への移転が考慮されている等、将来までを見据え、考え抜かれた組織構成となっている。2007年現在、89式小銃(固定銃床式及び折曲銃床式)は陸上自衛隊の普通科連隊等、近接戦闘を想定した部隊を中心に約6万挺強が配備されていると推定される。強化プラスチック、ロストワックス、あるいはシートメタルプレスを採用するなど、現代的な武器として洗練されたフォルムを持つ89式小銃の全長は916mm、重量は脚を含めて約3.5kgと、先代の64式小銃に比較して大幅に小型・軽量化された。上記「中央即応集団」の各部隊(第一空挺団、特殊作戦群、装甲車化部隊)や、海上保安庁・特殊警備部隊SST等では戦闘行動時における必要性から〈折曲銃床式〉が部分的に導入されていると見られる。その数量については非公開の為、推測に過ぎないが、現在導入されている約6万挺強の89式小銃のほとんどが〈固定銃床式〉である為、この〈折曲銃床式〉はかなりの希少銃といえる。見方を変えれば“89式小銃〈折曲銃床式〉”は、「ごく少数の精鋭のみが、その運用を任されるスペシャルウェポン!」と言うことも出来よう。


<エアガンスペック>
全長 670 mm / 916 mm
重量 3900 g
装弾数20+1
初速-m/s
システムセミ・フル・3バースト
定価¥64,800(税抜)




★マック堺氏のレビューを是非、ご覧ください★

★マック堺とは★
2004年、実銃の世界大会「スティールチャレンジ」に日本人初の優勝。
長年エアガンを楽しみ十数年にわたり海外でも実銃射撃大会に出場し、スティールチャレンジという競技に長年取り組む。 現在は、エアガン競技や、安全なエアガンの取扱いを知ってもらうことで、楽しませてもらったエアガン競技に何かお返ししたいと活動されている。

この商品に対するトラックバック

この商品のトラックバック先URL