[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH

[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH モデルガン

商品コード:
868
買取標準価格:
10,000
関連カテゴリ
モデルガン
メーカー買取リスト > MGC
タイプ別買取リスト > リボルバーCOLT

コルト・トルーパーは、1953年に発売された、コルト社で初となるマグナムリボルバー。
その僅か2年後にかの名銃コルトパイソンが登場したため影が薄くなるも、ローマンと同時期の1960年代に「トルーパーMkIII」としてリニューアル。
S&W M19のようなバレルシュラウドを持ったスタイルに変更され、知名度に関しては一定の回復を見ています。
.357マグナム弾対応の標準モデルのほか、.22マグナム弾対応のモデルも後に製造されています。
その後も「トルーパーMkV」へ更新され、その廉価版として「ピースキーパー」も登場。
しかしその数年後には同コルト社からキングコブラやアナコンダが登場し、取って代わられていくこととなりました。
日本においてはローマンと同様、一大ブームだった刑事ドラマに多く登場していた拳銃であることから未だに根強いファンが多いリボルバーです。

この製品はスタンダードな4インチで、「SRH(スーパーリアルヘヴィーウェイト)」の名を冠するモデル。
HW樹脂中の金属粉の比率を増やしたことで、実銃の金属部材と同様に磁石に反応するようになった特殊なへヴィーウェイトモデルで、実銃に近く誤解を招くという理由で自主規制され短期間しか販売されていなかったものです。
この素材の使用により、小ぶりながらリアリティ溢れるモデルガンとして完成しています。
コクサイ、マルシンといったメーカーでも同様の素材のモデルガンが作られましたが姿を消し、現在同様の素材を使ったモデルガンは中古市場で入手する他なく、価値のあるものとなっています。

7mmキャップ火薬を使った発火が可能で、発火を繰り返していると内部にサビが出たり、場合によりフレーム等に亀裂が生じてしまうこともあります。こういった所は査定の際にはマイナスの評価になってしまいますが、マイナスの度合いはあくまで程度によりけりで、例え発火をしていてもメンテナンスがしっかり行われ未発火商品なみに綺麗なものもあります。発火している、という事実だけではなく、あくまで現物の状態から評価をさせていただきます。ただし、保管状況によるホコリや汚れの付着や、生活臭の染みつき(タバコ・ペットの匂い)などについてはクリーニングが必要となるため、マイナス評価に繋がってしまいます。買取をお考えの際は、可能な範囲で清掃を行ってからご依頼いただくと当店でも良い査定を付けやすくなります。

また、観賞用としてはもちろんですが動かして楽しむ方もいるモデルガンですので、やはり動くかどうかは大切なポイントになります。多少の動作劣化であれば査定に大きく影響しませんが、シリンダーの回転やトリガーとの連動など、調整が必要な状態の場合は査定ダウンとなります。リボルバーゆえかあまり「動かない!」という状況の物を見ることは少ないですが、時折そのようなものが見られるのも確かです。多少の調整で直る場合もあるので、可能な方なら分解調整を行い査定アップに繋げるのもいいかもしれません。

最後に、外装が割れたり折れたりてしまっているものやパーツが足りないもの、全く動作しなくなったものの買取をご検討の場合も、よほどひどい状態でなければ買取可能です。他店で買取不可とされた品物も、諦めずに当店にご相談ください。

[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH
[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH
[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH
[MGC] コルトトルーパー4インチ SRH

買取の方法は宅急便で送るだけの「宅配買取」がダンゼンおすすめ!ミリタリーグッズ.comなら事前査定で金額に納得してから買取品を送れるので安心です!